HOME > 社員情報 > 社員メッセージ.05

設計から稼働まで目をはなさない。お客様に必要とされる機器をゼロからつくる仕事。

神栄テクノロジー(株) 開発技術部 産業技術グループ 田中 健 2010年入社

現在の仕事内容

私は現在、OEMで供給している製品の後継機を新規設計品として開発しています。つまり、リニューアル品の開発です。案件の始まりは、現行製品に使用している部品が、今後メーカーから購入できなくなることでした。設計にあたり大切にすべきポイントは、お客様が今使われている製品より、同等以上の仕様にすること。使用環境や精度、量産単位で供給可能かどうかなど、様々な検討と試験をしたうえでお客様に提案します。お客様の承認を得た後に、製品サンプルでの試験や、工場で量産するための書類作成や作業指導などの準備を進めます。すべての課題をクリアし無事納入するために、今も様々な試験を行っています。

入社理由・これまでの仕事

大学でセンサの研究をしていたため、神栄の募集要項に「センサの開発」の文字を見つけたときは「これだ!」と思いましたね。開発部隊が神戸であったこともあり、入社を決意しました。入社後2年間は、クリーンルーム等の微量水分をはかる露点計の開発を担当していました。その後、ビルの空調設備や農業施設、食品の管理などに使用される温湿度検出器の開発を行うようになりました。具体的には、回路設計や部品選定等の業務や、製品を作る工場の作業者へ作り方や検査方法等の指導を行なっています。製品の設計、回路図・基板のレイアウトの考案、部品の選定など、やることは盛りだくさん。わからないことがあれば、その都度すぐに調べてきました。お客様のニーズに応えるために、常に知識をアップロードしておく必要があります。

仕事のやりがい/エピソード

お客様に購入いただける製品を、自分の手でつくることにやりがいを感じます。設計した機器が思った通り動く瞬間は、何度経験しても嬉しいものです。昨今の湿度センサ市場は、一時期に比べると縮小傾向。それでもこの市場で当社が生き残っているのは、長い歴史のなかで培ったノウハウと信頼性があるからだと思います。だからこそ私は、信頼を損なわないよう、「納期」を強く意識して取り組んでいます。というのも、技術的に難しい問題に直面し時間を割いてしまい、納期に間に合わなかった苦い経験があるから。設計・開発するのは私たちですが、実際に機器を使用されるのはお客様です。技術的な課題の場合、解決策を講じても想定した結果が得られないことがありますが、お客様の希望に合わせるため、いかに無駄なく的確な解決策を見出せるかが重要になります。部署内で互いにフォローしあいながら、一つひとつの課題をクリアしていく。それが、この仕事の醍醐味といえるでしょう。

今後の目標

現在手がけているリニューアル開発でいうと、現行製品の理解と新規設計する上で考慮すべき課題を押さえることが大切。そのポイントをすばやく見極め、設計業務のスピードアップを図りたいと考えています。今後は、これまでのノウハウだけでは、お客様の要望に応えられない案件も出てくることが予想されます。そのためにも、リニューアル品の開発スピードを上げ、新製品の開発に費やせる時間を作っていきたい。個人的な目標は、一人で設計から量産指示まで出来るようになること。お客様の課題を技術で解決する、開発のスペシャリストを目指しています。

入社してから現在まで

入社1~2年目は、露点計の開発を担当。その後、湿度センサの開発を担当。ビルの空調設備、食品管理のための温湿度検出器の開発に携わる。直近では、OEM先の現行製品のリニューアル開発を進行中。

スタンダードな1日の流れ

8:30
出社、メール確認、業務の優先順位など確認
9:00
営業・製造対応
10:00
レポート・資料作成
11:00
試験、設計
12:00
昼食
13:00
試験、設計、飛び入りの業務等
17:00
レポート・資料作成
18:00~20:00
退社

プライベート

ストレスが溜まった時は、友人とカラオケに行きます。あとはマラソンも好きですね。
少し体重が気になってきているので、食べることでストレスを発散するのはなるべく控えるようにしています(笑)。

ページの先頭へ