湿度センサ・温湿度計・露点測定・浮遊粒子計測の神栄テクノロジー株式会社

PMセンサ

大気汚染原因の1つである、「PM2.5」等の微粒子状物質を測定するセンサです。アメリカEPAで等価測定法(FEM)として認定された機器と、高い相関性を持った連続測定が可能です。喘息や呼吸器疾患などの健康被害を引き起こす原因ともなるPM2.5。複数個所に設置し、ネットワーク計測を行うことが出来ます。

特徴
  • 光散乱方式で長年培ったノウハウをベースに、FEMとのPM2.5検知相関性を高めた
  • 機器組み込み用途に設計
  • ネットワーク計測対応
PMセンサ 拡大する

  • 仕様
  • 用途
  • ダウンロード
Model PMS1
測定方式 光散乱方式
検出粒子サイズ 約0.5ミクロンm以上
検出濃度範囲 PM2.5質量濃度 0~200μg/㎥相当
出力 通信用インターフェースを経由してのEthernet出力
サンプリング方式 内蔵ファンによる吸引
寸法 71.4W × 76.4H × 36.7D(mm)
質量 約130g
  • 大気汚染計測

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Acrobat Readerが必要です。お持ちでない方は、左のボタンからダウンロードすることをお勧めします。

ページトップへ戻る