湿度センサ・温湿度計・露点測定・浮遊粒子計測の神栄テクノロジー株式会社

PPD71(ホコリセンサユニット)

小型でありながら、室内環境における空気質の汚れ度合を精度よく測定し、PM2.5濃度(μg/m3)や粒子径に応じた濃度情報をUARTで得ることができます。

特徴
  • センサ構造を見直し、小型化に成功
  • UART通信により、PM2.5濃度をデジタルで出力
  • 光学設計の見直しとマイコン搭載により精度向上
  • 光学系にカスタム部品を使用し、長寿命と高い信頼性を実現
PPD71(ホコリセンサユニット) 拡大する

  • 動作原理
  • 応用例

動作原理

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • ヒーターのジュール発熱により上昇気流を発生させ、粒子を含む空気を取り込む。
  • 照明域を、煙・ホコリ等の粒子が通過すると、粒子径に応じた散乱光パルスが発生。
  • PPD71はUARTデジタル出力、PPD42NJはパルス出力、PPD20Vは電圧出力、PPD60PV-T2はパルスと電圧出力。
  • 空気清浄機
  • エアコン
  • 換気扇
  • 環境モニター等

ページトップへ戻る