湿度センサ・温湿度計・露点測定・浮遊粒子計測の神栄テクノロジー株式会社

2009年 花粉測定結果(花粉センサ)


測定場所(1):神栄テクノロジー(株)  テクノセンター (所在地:神戸市西区)
測定期間(1):2009.1.1~3.12
測定場所(2):神栄テクノロジー(株)  R&Dセンター (所在地:神戸市中央区)
測定期間(2):2009.3.26~5.31
※3.12 移転の為、花粉測定を一旦停止し、3.26より測定を再開しました。

測定方法:スライドガラスにワセリンを塗布し、ダーラム型花粉捕集器(重力法)にセットします。 9時から次の日の朝9時まで花粉を捕集し、1cm2あたりの花粉個数を測定します。

●花粉飛散量 2月~5月の推移

※スギ花粉の飛散 が開始した2月以降のデータをグラフ化しています。

花粉飛散量 2月~5月の推移

●スギ花粉、ヒノキ花粉の飛散開始日の比較と花粉観察数(2003年~2009年)

スギ花粉、ヒノキ花粉の飛散開始日の比較と花粉観察数(2003年~2009年)

●2009年シーズンのまとめ

  • 2009年度は全体的に花粉飛散数の多い年度であった。特にスギ花粉が多かった。
  • 今年の花粉飛散傾向は、飛散数が急激に増える傾向があった。
    スギ花粉に関しては、飛散ピークの個数が6年間で最高であった。
    (最高は3/1の879個観察)

●花粉観測情報

2013年の花粉観測情報はこちらから
2012年の花粉観測情報はこちらから
2011年の花粉観測情報はこちらから
2010年の花粉観測情報はこちらから
2009年の花粉観測情報はこちらから
2008年の花粉観測情報はこちらから

ページトップへ戻る