神栄の歩み

3世紀にまたがり世界を知り抜いてきた神栄。これまでの神栄の歩みをご紹介します。

1887年

【写真】明治中期の神戸港のイメージ
明治中期の神戸港

時代の主力輸出品であった生糸市場新設のため、国立銀行の幹部を中心に「神栄会社」設立。国策に沿った事業を開始。

1887年(明治20年)5月 姫路第三十八国立銀行の幹部が中心となり、有限責任神栄会社を設立。
資本金15万円。生糸問屋として神戸における生糸市場形成に貢献。
1893年(明治26年)6月 株式会社に改組し、社名を神栄株式会社に変更。
リストトップ
1900-10年代

【写真】昭和初期の製糸工場のイメージ
昭和初期の製糸工場

製糸業界の発展のため品質向上と業界規模の拡大を提言。製糸会社の再編を担う立場として業容を拡大。

1902年(明治35年)3月 横浜支店長が「生絲整理論」を発表し、製糸業界の再編に貢献。
1915年(大正4年)4月 貿易部を設置し、繊維・雑貨等の輸出を開始。
リストトップ
1920-30年代

【写真】製糸部の製品のイメージ
製糸部の製品

生糸取扱量で日本トップの企業となる。また製造部門も拡大し、わが国有数の製糸会社として業界の中核的存在に。

1925年(大正14年)6月 社名を神栄生絲株式会社に変更。
1928年(昭和3年)5月 製糸業に進出。
1929年(昭和4年)6月 対米生糸輸出の拠点としてニューヨーク支店を設置。
リストトップ
1940-50年代

【写真】当社工場を見学される昭和天皇のイメージ
当社工場を見学される昭和天皇

新規事業としてコンデンサ生産を開始。'53年には中国との貿易を開始し、対中国取引国内4位の地位を得るまでに拡大。繊維加工事業を開始。

1943年(昭和18年)5月 社名を神栄實業株式会社に変更。
1943年(昭和18年)9月 戦時下、電機部門に進出しコンデンサの製造を開始。
1947年(昭和22年)3月 蚕糸業再開に伴い社名を元の神栄生絲株式会社に変更。
1948年(昭和23年)9月 関東地区の商圏拡充のため東京支店を設置。
1949年(昭和24年)5月 東京・大阪の両証券取引所に株式を上場登録。
1951年(昭和26年)4月 神戸・横浜の両生糸取引仲買人として営業を開始。
1952年(昭和27年)6月 日中貿易民間協定が調印され、直ちに中国貿易を開始。
1958年(昭和33年)12月 ニューヨークに現地法人SHINYEI CORP.OF AMERICAを設立。対米貿易の拡充を図る。
リストトップ
1960-70年代

【写真】コンデンサ生産ラインのイメージ
コンデンサ生産ライン

日中国交正常化に先駆け'61年に中国より「友好商社」の指定を受ける。'65年にPPフィルムコンデンサを開発。'77年には湿度を計る高分子検知センサを開発、商品化。

1961年(昭和36年)12月 中国より「友好商社」の指定を受ける。
1965年(昭和40年)4月 ポリプロピレンフィルムコンデンサを開発。
1966年(昭和41年)8月 子会社である神栄電機(株)と大分製絲(株)を吸収合併し、社名を神栄株式会社に変更。
1967年(昭和42年)4月 本社新社屋を神戸市中央区京町に竣工。
1970年(昭和45年)1月 大阪支店を設置。繊維部門の拡充を図る。
1970年(昭和45年)11月 初の金属酸化物型湿度センサを開発。
1977年(昭和52年)12月 湿度計測の性能を飛躍的に向上させた高分子センサを開発。
リストトップ
1980年代

【写真】当時のテクノセンターのイメージ
当時のテクノセンター

創立100周年を迎え、CIを導入。新しい経営理念のもと、創業2世紀に船出。電子分野の強化のため研究所を開設。

1983年(昭和58年)3月 生糸生産を中止し、商事部門・電機部門を拡充。
1985年(昭和60年)9月 大分県中津市に九州シンエイ電子(株)を設立。
1987年(昭和62年)5月 創立100周年を迎える。
1987年(昭和62年)11月 住関連事業部の一部業務を引き継ぐエスケー建材工業(株)を設立。
1989年(平成元年)5月 シンガポールに現地法人SHINYEI SINGAPORE PTE. LTD.を設立。
東南アジアにおけるコンデンサの販売を強化。
1989年(平成元年)6月 神戸市西区のハイテクパーク内に中央研究所(旧・神戸テクノセンター)を設置。
電子機器・部品の技術開発拠点とする。
リストトップ
1990年代

【写真】マレーシア工場のイメージ
マレーシア工場

冷食事業、コンデンサの海外生産を開始。大震災により本社屋が倒壊するも再建し、「新生・神栄」が力強くスタート。

1992年(平成4年)7月 マレーシアに現地法人SHINYEI KAISHA ELECTRONICS(M)SDN.BHD. を設立。
マレーシアでコンデンサの製造を開始。
1995年(平成7年)1月 阪神・淡路大震災により本社屋が倒壊。
1995年(平成7年)6月 本店を神戸市中央区東町に移転。
1997年(平成9年)12月 中国における事業拡大のため、現地法人神栄(上海)貿易有限公司を設立。
1998年(平成10年)1月 サンディエゴに現地法人SHINYEI ELECTRONICS CORP. OF AMERICAを設立。
米国におけるコンデンサの販売を強化。
1998年(平成10年)3月 神戸市中央区京町の元地に新本社ビルを再建。
1998年(平成10年)7月 京都府綾部市にエスケー電子(株)を設立。
1999年(平成11年)4月 エスケーエルテック(株)を設立。
リストトップ
2000年代

【写真】再建になった本社ビル玄関のイメージ
再建になった本社ビル玄関

暮らしに根ざした分野でグループ企業の総合力を活かし、特徴ある企業グループを志向して飛躍をめざす。

2000年(平成12年)1月 長野県小県郡東部町(現:東御市)に神栄コンデンサ(株)を設立。
マレーシア現地法人との世界2拠点分業体制を整える。
2000年(平成12年)12月 住・物資関連事業の領域拡大のため、(株)新協和をグループ化。
2001年(平成13年)2月 電子関連事業の領域拡大のため、吉田精機(株)をグループ化。
2002年(平成14年)4月 建材事業をエスケー建材工業(株)に統合し、その社名を神栄マテリアル(株)に変更。
2002年(平成14年)11月 繊維事業の領域拡大のため、(株)ヴォイス・オブ・エスケーを設立。
2003年(平成15年)2月 住・物資関連事業の領域拡大のため、藤倉商事(株)をグループ化。
2003年(平成15年)3月 グループ知的資産をサービス・コンサルティングに活用するため、神栄ビジネスエンジニアリングサービス(株)を設立。
2007年(平成19年)4月 電子関連事業を九州シンエイ電子(株)に統合し、その社名を神栄テクノロジー(株)に変更。
2008年(平成20年)7月 グループ知的資産の更なる活用のため、神栄マテリアル(株)に神栄ビジネスエンジニアリングサービス(株)を吸収合併し、その社名を神栄ビジネスサービス(株)に変更。
2009年(平成21年)3月 神戸市中央区のポートアイランド第2期に、グループの全事業領域にわたって研究開発を行う「神栄グループR&Dセンター」を開設。
2009年(平成21年)8月 繊維事業の領域拡大のため、丸岡商事(株)及び(有)ピーエムプランニングをグループ化。
2010年(平成22年)2月 食品事業の領域拡大のため、神栄アグリフーズ(株)を設立。
2011年(平成23年)2月 電子業界の環境変化に対応し、神栄キャパシタ(株)を設立。
2011年(平成23年)11月 さらなる商社機能の向上と不動産・保険に関する専門性を発揮するため、神栄ビジネスサービス(株)と(株)エヌシーディ(旧・藤倉商事(株))を合併し、神栄リビングインダストリー(株)を設立。
2012年(平成24年)2月 中国(山東省青島市)に現地法人神栄商事(青島)貿易有限公司を設立。
食品および物資分野において、中国市場向けの販売活動を本格化させる。
2013年(平成25年)12月 農業関連事業の研究・開発を目的として、神栄アグリテック(株)を設立。
2014年(平成26年)3月 食品関連事業の事業再編のため、神栄アグリフーズ(株)の生鮮野菜の栽培及び販売に係る農業事業を神栄アグリテック(株)へ吸収分割。
2014年(平成26年)11月 繊維業界の環境変化に対応し、機動的に事業を推進するため、神栄ライフテックス(株)を設立。
2015年(平成27年)2月 落下・衝撃試験機および鉄道用計測器事業を拡大するため、神栄テストマシナリー(株)を設立。
2015年(平成27年)4月 繊維事業を拡大し、また開発・提案機能を強化するため、(株)グランディをグループ化。
九州・沖縄地区の商圏拡充のため福岡支店を設置。
2015年(平成27年)7月 繊維関連事業の事業再編のため、丸岡商事(株)のアパレル小売事業を神栄ライフテックス(株)へ吸収分割。
2015年(平成27年)9月 農業事業を営む神栄アグリテック(株)の本社として、また農業関連事業の研究開発拠点として、福井県あわら市に「神栄グループあわら農業センター」を開設。
2015年(平成27年)10月 東南アジアにおける食品事業の拡大のため、タイ王国バンコク市に食品販売事業等を営むSHINYEI (THAILAND) CO., LTD.を設立し、営業を開始。
2017年(平成29年)4月 繊維関連事業の事業再編のため、神栄ライフテックス(株)が(株)グランディを吸収合併。
既存事業にとらわれない新たな事業展開を図るため、(株)新協和が神栄ホームクリエイト(株)に社名を変更。
ページトップへ