情報セキュリティ基本方針


情報セキュリティ基本方針

1.目的

神栄グループは、「情報を売る」ことを事業の基本としています。その事業活動において収集し、作成し、活用される情報は、神栄グループにとって経済的価値のある貴重な資産です。

これらの情報を安全かつ有効に活用するため、神栄グループは情報に対して、充分かつ適切な管理を行い、情報を積極的に活用するための基盤を構築し、維持します。

また、「ものづくりを通じた新しい価値創造」というビジョンのもと、神栄グループのさらなる飛躍を目指し、お客様と共存共栄し、地域や社会に貢献する企業として総合力を高めていきます。

神栄グループでは、情報に対するリスク管理を重要な情報戦略の一つとして位置づけ、積極的に取り組みます。

この方針は、神栄グループの情報資源利用者すべてが、情報セキュリティを確保するにあたって遵守すべき指針を定めるものです。

2.情報セキュリティ基本方針

(1)情報資源の保護
企業の社会的責任において、社内情報資源を、破壊、漏洩、盗聴、改ざん、ウイルス感染等の脅威から保護します。
(2)セキュリティ管理体制の確立
セキュリティ対策を実行、制御し、施行する対策を企業風土として定着させるため、管理組織体制を明確にします。
(3)企業情報倫理対策の実施
社内情報資源は、ビジネス目的のためだけに有効に利用します。また、そのための必要最低限の情報倫理対策を講じます。
(4)情報セキュリティポリシー遵守状況の監査
情報セキュリティポリシーの遵守状況を定期的に点検・評価するために監査を実施します。

以上
平成15年4月1日 制定

ページトップへ