車載対応,ワイヤレス給電,EV,充電システム,OBC,On board charger

神栄キャパシタ株式会社

製品情報

新領域への
技術開発

新領域への技術開発

コイルの共振現象を利用した磁界共鳴式は、電気自動車(Electric Vehicle, EV)のワイヤレス給電システムの一つとして期待されています。そのシステムの主要部品の1つとなる高電力用の共振コンデンサには、有力な選択肢としてフィルムコンデンサがあげられます。

当社は長年積み重ねてきた、ポリプロピレンフィルムコンデンサの製品開発力と国内外の製造力を生かし、車載を含む産業機器分野において、新規ご設計段階からカスタム対応も含め、ご対応・ご提案できる製品開発にチャレンジしてまいります。

長年積み重ねてきた技術と知識

長年積み重ねてきた技術と知識

1965年、世界で初めてポリプロピレンフィルムコンデンサの開発に成功しました。以来、優位技術のもと映像・照明・音響の各市場に進出し、小型化・高性能化ニーズに応える多様な製品を供給してきました。また生産においては長野・マレーシアの2拠点体制を構築し、高性能品から普及品まで世界レベルで適地生産・適地販売を推進しております。重要電子部品として製品開発が進むコンデンサ分野で、競争力ある事業を展開しています。
家電分野では省電力化が可能なインバータを搭載した製品が主力になり、各種機器のインバータ化に対応し、高周波・大電流・高耐熱に対応したPPフィルムコンデンサを開発しています。

PPフィルムコンデンサの製品開発力

PPフィルムコンデンサの製品開発力

世界で最も薄いPPフィルムを採用したポリプロピレンフィルムコンデンサ『LEXA』シリーズの開発に成功しており、今後は、産業機器分野において特に設計面の要求に対するソリューションを提供して参ります。
EV化が加速する中で、車載電子部品需要の拡大が進んでおります。当社としては特にPPフィルムの特性が要求される、DC-DCコンバータ、車載充電器(OBC:On board charger)、ワイヤレス給電といった夫々の回路用途に対し、長年蓄積したPPフィルムコンデンサの製品開発力と国内外の製造力を背景として、製品ラインナップを充実させて参ります。
又、その一方で車載規格IATF16949取得準備を本格的に進め、来るべき需要拡大への準備を積極的に進めております。