浮遊粒子計測機器・測定・PM2.5・花粉・ホコリ

神栄テクノロジー株式会社

浮遊粒子計測機器

Particle Sensing 浮遊粒子計測機器

神栄テクノロジー株式会社は光学式検出原理を応用した独自のセンサ技術を開発し、長年の実績を誇るホコリセンサに加えて、各種の浮遊粒子センサを提供しています。
民生分野のみならず、産業分野でも幅広い用途で利用されています。

光学式検出原理を応用した独自のセンサ技術をもとに、一般家庭環境からクラス1万レベルの室内空間に浮遊する粒子まで検出するセンサや、野外でスギ花粉を検出する花粉センサや、大気中のPM2.5を連続測定できるセンサなど、さまざまなタイプのセンサを開発しています。

浮遊粒子計測機器 製品カテゴリ

  • ホコリセンサ

    ホコリセンサ

    一般家庭環境からクラス数十万程度の空間に浮遊する粒子を検知するセンサです。空気清浄機の自動制御や汚れモニター、作業工程の清浄度管理などに広くお使いいただいております。
    神栄テクノロジーのホコリセンサは、一般家庭環境の空気およびクラス10万以上の生産工程の空気を監視し、目に見えない「浮遊する粒子」を感知します。
    タバコ煙はもちろん、アレルギーに密接に関連する比較的大きな粒子径のハウスダストにも敏感に反応します。

  • エアロゾルセンサ

    エアロゾルモニター・センサ

    エアロゾルセンサは、光散乱の原理を利用しクリーンルームなど産業分野の用途に開発したセンサです。
    0.5ミクロンm以上の浮遊粒子の濃度クラスをモニターすることができます。粒子の個数を計数するのではなく、独自の考え方によるパルス出力をパーティクルカウンターと比較校正し、その相関関係を出力特性としております。

  • 花粉センサ

    花粉センサ

    今や国民病ともいえる花粉症。10人に1人以上が花粉症に悩んでいると言われており、その数はまだ年々増え続けているようです。
    神栄テクノロジーの花粉センサモジュールは、内蔵したファンで取り込んだ粒子を、1つの発光部と2つの受光部によって光学的に検知し、スギ花粉とホコリの識別をするもので、従来、時間と手間を要していた花粉の飛散量の計測を簡便におこなうことが可能になります。
    データ収集の方法や表示の方法などさまざまな用途に合わせて、お客様の望まれる安価で簡便な花粉計測装置やシステムを構築していただけます。

  • 大粒子センサ

    大粒子センサ

    約10ミクロンm以上の大きさの浮遊粒子を検知するセンサです。
    大きな粒子を嫌う塗装工程等で幅広くお使いいただいております。

  • PMセンサ

    PMセンサ

    大気汚染原因の1つである、「PM2.5」を測定するセンサです。
    アメリカEPAで等価測定法(FEM)として認定された機器と、高い相関性を持った連続測定が可能です。
    喘息や呼吸器疾患などの健康被害を引き起こす原因ともなるPM2.5。複数個所に設置し、ネットワーク計測を行うことが出来ます。